HUG(避難所運営ゲーム)訓練

7月29日(金)に六小自主防災会と地域コミュニティのメンバーでHUG訓練を行いました。
HUGとは、避難者の年齢、性別、国籍やそれぞれが抱える事情が書かれたカードを、避難所に見立てた平面図にどれだけ適切に配置できるか、また避難所でおこる様々な出来事にどう対応していくかを模擬体験するゲームです。
旅行に来て被災した人、ペット連れた人、持病を抱えた人、けがをした人、、、
テントで生活をしたい、ボランティアにいきた、状況把握のため取材に取材してほしい、、、
いろいろなことが次々と起こります。全員被災者でわがままを言いたくなりますが、受け身にならず自分のできることをやらないといけないと再認識しました。