悠ライフだより(第278号)

新年あけましておめでとうございます

 旧年中は、自治会活動にご参加いただきありがとうございました。
 新型コロナウイルスは、一定の流行をみせながらも、世間の経済活動は活発になってきています。
 自治会活動も従来の活動レベルに戻りつつあり、530運動・市民運動会・秋祭り・サロン活動・ホームページ開設を実施できました。
 仲よし会や子供会では、従来の活動に加えて新しい試みも行われています。
 これを良い機会ととらえ自治会活動の在り方について、今後を見据えたうえで「新しい自治会」を目指して皆さんと一緒に取り組みたいと思います。引き続きご協力をお願いいたします。

七ツ池下自治会長

今年は卯の歳!

 今年は、干支12支の第4番目に当たる「卯(兎)の歳」です。
 昔の方位を表す「卯の方位」は、東の方角を指します。また時刻で「卯の刻」は、午前6時ごろ、または午前5時から午前7時の間を指します。
 「卯」は「兎(うさぎ)」で表されますが、長い耳とふわふわのの毛並みを持つウサギは、かわいく穏やかで温厚な性質であることから「家内安全」。また、敏捷で跳躍する姿から「飛躍」「向上」を象徴するものとして親しまれています。
 コロナ禍、気分の優れない日々が続いていますが、今年こそウサギにあやかり経済や社会が活発に、私たちの生活が飛躍的に向上することを期待しています。

歳末パトロール 火の用心

 12月27日(火)、28日(水)の両日恒例の町内パトロールを行いました。
 クリスマス寒波の寒さもなくなり、例年から見ると穏やかな天気となりましたが、やはり夜は防寒をしっかりして、「火の用心」のパトロールで町内を1周致しました。
 冬は乾燥が厳しく、本年度も降水の日も少なく一段と乾燥しています。
 全国的に火災の発生も多く、その度に、死傷者の発生が報告されています。
 なかでも、高齢者の死傷は、行動の緩慢さにより、明らかに増加します。
 まずは、火災を出さないように「4つの習慣」
  1.調理中にコンロから離れる時は必ず火を消す
  2.寝たばこは厳禁
  3.タコ足配線やコードの束ね使用は発火の恐れ
  4.ストーブの周囲に燃えやすい物を置かない
 常日頃から以上のことに注意し、防火に努めましょう。
 火災は、自分だけでなく近隣への被害と共に人命を奪います。
 住宅火災警報器や消火器の設置その定期点検避難経路や避難方法の確認備えなど自分で出来ることも習慣づけておきましょう。
 パトロールは1年に1回しか行っていません。注意を払っていただくための行動です。
 両日で延べ17名が、「火の用心」と大きな声で町内パトロールを行いました 。
 この街から絶対に火災を出さないよう。財産や人命を守るために注意を致しましょう。

仲よしワイワイ広場 ~落語~

 1月18日(水)午後1時30分より公民館にて、仲よし会の「ワイワイ広場」を開催しました。
 今回は、新年1回目として楽しく初笑い「素人寄席・てんてん」さんにお越しいただき落語を聴きました。
 大阪の天満天神繫昌亭で落語を習わられた3名の方々による1時間にわたる素人とは思えない芸に、参加者26名新年早々「笑い声」の絶えない時間を過ごしました。
 会館としては、これ以上入れない人数のご参加で、盛況に開催できましたことを感謝いたします。

体振ニュース スポーツDAY

『スリータッチボール』
 1月22日(日)に長六小学校体育館において、スポーツDAYが行われ、「スリータッチボール」1チーム3名必ず3名がワンタッチして相手に返すことがルール、休むことの出来ないハードな競技でした。

発行責任者:藤原日出夫(2023年1月27日(金)発行)
※インターネットで公開するにあたり、配布物と表現を変えている部分があります。